『税制改正』の基本的な考え方

こんにちは☆
『税制改正大網』
これまでも様々な議論がされてきました。
平井卓也国会議員も『税制改正』を政策と1つとし活動を続けています。

⚫『税制改正』の基本的な考え方
わが国が直面する最重要課題はデフレ脱却及び日本経済再生との認識の下、安部政権は
「大胆な金融政策」
「機動的な財政政策」
「民間投資を喚起する成長戦略」
を『三本の矢』として一体として強力に推進してきました。
現状の経済情勢については「三本の矢」の効果もあり着実に上向いている一方で、景気回復の実感は中小企業や地域経済には未だ十分浸透していないと指摘されています。
「地方、地域の元気なくして国の元気はない」
という考えの下、魅力あふれる地域を創ることができるよう、地方分権を推進し、その基盤となる地方税の確保に努める。
その際、地方の独自税源を充実させるとの視点も重要である。
とあります。
これは「基本的考え方」の一部ですが
「地方、地域の元気なくして国の元気はない」
その通りだと思いました。
一見、景気がよくなっている様にも見えますが現実はまだまだ厳しいです(>_<)

平井卓也衆議院議員にはこれから先もこの問題に取り組み、頑張ってもらいたいと思います(*^^*)

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-18 22:36 | 政治 | Comments(0)