安倍内閣を影で支える

第2次安倍内閣発足後から現在までの参議院議員・世耕弘成議員の来歴を紹介します。

同年12月26日発足の第2次安倍内閣では内閣官房副長官に就任。 2013年の第23回参議院議員通常選挙で4選。同年9月11日、民主党参議院議員の林久美子と再婚していたことが明らかにされた。

「自民党の“参謀”」と呼ばれていることについて、非常に誇りに思っていると述べている。一方、世論を操る人間と見なされることには嫌悪感を示し、特に、「自民党のゲッベルス」との評価があったことについては、「これは冗談じゃない。そんなつもりでやってないし、メディアをコントロールしたり操ったりできるなんて思っていませんから、あれは本当に嫌な評価でしたね」と述べている。

安倍晋三を深く尊敬し、日本を立て直せる唯一の人物としている[3]。また、「(自由民主党総裁選挙に)安倍さんが出てくれるなら、参謀として粉骨砕身がんばりたいと思う。他の人で参謀をやる気はありません」と述べている。

2014年の第47回衆議院議員総選挙では安倍晋三首相だけでなく、菅義偉官房長官も衆院選応援演説に回って官邸を不在としているため、官房副長官である世耕が首相官邸の留守番役として官房長官に代わって記者会見等に応じた。

2016年3月16日、内閣官房副長官の連続在任期間が1177日となり、政務担当の内閣官房副長官としては最長記録となる。

2016年6月22日、内閣官房副長官の通算在任期間が1275日となり、政務担当の内閣官房副長官としては最長記録となり、同年8月3日まで在任し1317日と伸ばす。

2016年8月3日、第3次安倍第2次改造内閣で経済産業大臣、産業競争力担当、原子力経済被害担当、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)として初入閣。9月1日より、新設されたロシア経済分野協力担当大臣を兼務し、『日露経済協力計画を推進するため行政各部の所管する事務の調整』を担当することとなった。

2017年8月3日、第3次安倍第3次改造内閣において経済産業大臣、産業競争力担当、ロシア経済分野協力担当、原子力経済被害担当、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)に留任。同年10月、第30回日本メガネベストドレッサー賞政界部門を受賞。同年11月1日、第4次安倍内閣において経済産業大臣、産業競争力担当、ロシア経済分野協力担当、原子力経済被害担当、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)に再任。

安倍総理を尊敬し、そんな安倍内閣を影で支える参謀として今後も自民党・世耕弘成議員の活躍に注目します。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-03-11 14:17 | 政治 | Comments(0)