『スリムで効率的な行政』

今日は大西ひでお衆議院議員が活動している『スリムで効率的な行政』について調べてみました(*^^*)

⚫道州制の導入や地方分権を進め、国会議員)公務員の定数削減を行い、「最少の経費で最大の行政効果」を上げる仕組みを創ります。

「地方制度、導入制」

⚫指定都市における特別区の設置など、多様な大都市制度の導入を検討します。
⚫「道州制基本法」の早期制定後5年以内の道州制導入を目指します。
導入までの間は、国、都道府県、市町村の役割分担を整理し、住民に一番身近な基礎自治体の機能強化を図っていきます。

「地方行財政、地方分権」

⚫地域の経済活性化と雇用増のための交付金制度の創設を検討します。
⚫国から地方への権限、財源等の移譲を促進します。
⚫「コミュニティ活動基本法」を制定するとともに、NPO等新しい主体との協働を図ります。
⚫山村留学など、都会と農村の子どもの交流を制度化する仕組みを導入します。

大西ひでお国会議員は、国、都道府県、市町村でしっかり役割分担をする事で、少ない人数でも効率的に行政を進めようとしているんですね!
確かに人数がいれば、それだけお金もかかるしあまり効率はよくないかもしれませんね(^_^;)
これからの活躍に期待したいと思います。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-06-14 23:00 | 政治 | Comments(0)