新たな働き方(スマートワーク)

今日は世耕弘成参議院議員 が推進する
「テレワーク」について調べてみました(*^^*)

「テレワーク、デイ」と定めた東京オリンピック開会式開催予定日(7月24日)に全国的な呼びかけを行うなど、新たな働き方(スマートワーク)浸透に向けたテレワーク、デイ運動を推進。

世耕弘成国会議員が大臣を務める経済産業省では、2012年ロンドンオリンピック、パラリンピック競技大会にて、交通混雑によるロンドン市内での移動に支障が生じるとの予測から、市内の企業の約8割がテレワークを導入しました。
こうした成功事例にならい、東京オリンピック開会式にあたる7月24日を今年から「テレワーク、デイ」とし、多くの企業、団体、官公庁の職員にテレワークの実施を呼びかけています。

テレワークとは、ICTを活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方で、在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィスなどの事を表します。

経済産業省では「テレワーク、デイ」である7月24日、ほぼ全員がテレワークで執務を行い、
世耕弘成大臣に対する業務説明もテレワークで行うなど、日本の政府として初の試みとなりました。

現在、「テレワーク、デイ」の国民運動に賛同し、参加した企業、団体等は927団体です。
これから先もどんどん賛同する団体を増やし、「テレワーク」を普及させていってほしいと思います(^^ゞ

[PR]
by blog001-3029 | 2018-07-31 21:59 | 政治 | Comments(0)