知財の取得活用をサポート

今日は石井準一国会議員が活動する『知的財産権、研究開発、規制緩和』について調べてみました(*^^*)


『知財の取得活用をサポート』

知財の取得活用を国家戦略としてサポートする為に、知的財産権の保護や特許申請の迅速化などを進めます。また、大学や研究機関が知財人材を確保できる体制を整え、世界の研究開発拠点を目指します。

知的財産権は、「創作・製作を行った人が、成果を生み出す過程で費やした時間や労力などのコストに見合う対価を得ることができるようにするための権利」です。
成果主義や平等を謳い、他者の努力を横取りすることを正当化する者を肯定しないためにも必要な権利です。
そのため、知的財産権が認められていることを公に証明するための登録は必要不可欠な作業のひとつと言えます。
知的財産権は、権利者の財産権を保護し金銭的な利益を与えるものとなっています。


『研究開発から、規制緩和に至るまでを支援』

日本の強みがある分野(再生医療やバイオテクノロジー、環境エネルギー、ライフラインシステム、鉄道技術など)次世代の基幹産業となる分野の研究開発から、規制緩和に至るまでをトータルで支援します。

としています。
石井準一参議院議員は、様々なサポートや支援を通しよりよい日本を目指しています。
これからも応援したいと思います♪

[PR]
by blog001-3029 | 2018-09-29 12:47 | 政治 | Comments(0)