『自殺対策』について

今日は衆議院議員大西英男さんが考える『自殺対策』について。


自殺者数は、9年連続で3万人を超えている。
自殺の背景にある社会的要因を踏まえた実態解明を進め、
早期発見・対応することが重要である。

都は、身近な場所で的確な支援に結びつけるゲートキーパーの養成や
相談支援体制の強化、自殺防止に向けた普及啓発を実施する必要がある。

●国民一人ひとりが自殺予防の主役となるよう取り組む
●自殺の事前予防、危機対応に加え、未遂者や遺族等への事後対応に取り組む
●自殺を考えている人を関係者が連携して包括的に支える
●自殺の実態解明を進め、その成果に基づき施策を展開する
●中長期的視点に立って、継続的に進める

目を背けたくなるような問題ですが、国会議員大西英男さんには強い思いをもって
そのような事を誰も起こさない明るい未来を作ってもらいたいですね!

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-29 20:56 | 政治 | Comments(0)

「首相支える5人衆」

こんばんわ!(^^)!
今日は衆議院議員河井克行さんについて書いていきたいと思います。


日経新聞は、河井を「首相支える5人衆」の1人として、
長谷川栄一内閣広報官、衛藤晟一補佐官、柴山昌彦補佐官、和泉洋人国交省技官、と共にあげている。

日経新聞は河井を「文化外交担当。米議会などに人脈がある」としたうえで「今年に入り米国、イラン、ケニアなど10か国を訪問」し、「首相が本当に考えていることを要人に伝え、率直な感想を聞いて持ち帰ることが仕事だ」としている。

内閣総理大臣補佐官として河井克行国会議員は様々なことを行ってきた人物です★

特に外交などに関して尽力している議員の一人だと言えます(^^♪

これからも頑張ってもらいたいですね!

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-27 19:12 | 政治 | Comments(0)

『復興について』の公約

こんばんわ!(^^)!
今日は衆議院議員河井克行さんの公約について書いていきたいと思います。

『復興について』

★国の直轄砂防・治山事業34か所を年内工事着手!
★84%実質国の負担で県の緊急事業23か所を実施!
★応急対策として、強靭ワイヤネットをすべての直轄砂防・
治山ダム事業箇所に緊急設置!
★『改正土砂災害防止法』により、都道府県の警戒区域指
定作業を国が厳格に管理・是正する仕組みを創設!
★被災地を自主防災活動の世界的な先進モデル地区に!

国会議員河井克行さんの活躍、実績など政治家の方の中でも、光るものがあるので
今後にも注目していきたいですね(^^♪

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-26 23:14 | 政治 | Comments(0)

こんばんわ★
今日は衆議院議員大西英男さんの考える『外国人旅行者の誘致』について
書いていきたいと思います!(^^)!



訪日外国人旅行者は、日本人海外旅行者よりも少なく、
日本の国際旅行収支は赤字となっている。
都は国に先駆けて観光を産業と位置づけ、施策を展開している。


今後とも、外国人旅行者の増加を目指して、官民が協力
しあい、取組を強化する必要がある。

【今後の課題】

年々、訪日外国人旅行者数は増加しているものの、世界的に見るとまだまだ少ない。
東京への旅行客を増やすためには、「東京都観光産業振興プラン」における3つの柱に沿って
総合的に施策を展開する必要がある。
中でも、まず、東京を知ってもらうために、訪日外国人は個人旅行が多いことから、国・地域の好みに合った観光情報を戦略的に発信し、東
京のよさをアピールすることが重要である。

また、宿泊施設や観光関連の民間企業や団体と協力し、外国人旅行者の誘致の取組を強
化する必要がある。

国会議員大西英男さんにはこの課題に対しても改善できるように頑張ってもらいたいですね!(^^)!

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-25 00:27 | 政治 | Comments(0)

今日は衆議院議員大西英男さんが考える『児童虐待対策』
について書いていきたいと思います!

児童虐待相談対応件数は、社会的関心の高まりや
法改正による監視の強化などにより年々増加してお
り、平成17年度には約3万4千件になっている。児
童相談所と関係機関の連携とともに、安全確認の強化
など新たな児童虐待対策の取組みが進められている。

児童虐待は、期間が長いほど、子どもの心身に対する影響が深刻化するため、
体制拡大が進む区市町村や関係機関との連携を強化し、
児童相談所による立入調査や一時保護等の迅速な対応が求められる。

一方、子どもを家庭に戻すための相談支援体制の強化等により、
虐待を否定したり、自分の経験から「しつけ」と考えるなど、行為者である保護者等の認
識を改善することが必要である。

虐待なんて絶対あってはならないことです。
このような問題解決のためにも国会議員大西英男さんには頑張ってもらいたいです★

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-23 00:19 | 政治 | Comments(0)

こんばんわ★
今日は衆議院議員大西英男さんが考える『パートタイム労働法改正』について。


平成 20 年 4 月 1 日から改正パートタイム労働法が施行された。
今後は、仕事の内容や責任などが正社員と同じパートタイム労働者については、
均衡の取れた処遇が求められる。
都には、中小企業の事業主に対し、実効性ある改善に向けた支援が期待される。

今回の法改正は、「労働条件の文書交付による明示」及び「通常の労働者への転換を推進
するための措置」の義務化、また、努力義務とはいえ「賃金の均衡確保」が盛り込まれる
など、パートタイム労働者の雇用環境を改善する点で一定の前進をみた。

国会議員大西英男さんにはこのような改善に向けて頑張ってもらいたいです!(^^)!

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-21 18:35 | 政治 | Comments(0)

こんばんは★
今日はまた新しくこのブログで紹介していく自民党議員の河井克行さんについて
書いていきたいと思います(^^♪

現在就いている役職

総裁外交特別補佐
土砂災害防止法改正法案を検討するPT座長
宇宙・海洋開発特別委員会副委員長
国際保健医療戦略特命委員会副委員長
財務金融部会
酒類に関する小委員会副委員長
科学技術・イノベーション戦略調査会副会長
金融調査会副会長
TPP対策委員会中国ブロック代表主幹
ロシア200海里・サケマス流し網漁禁止による根室・釧路地域緊急対策本部副本部長

衆議院議員河井克行さんの政策、活動などこれから書いていきますので
よろしくお願いします★

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-19 22:44 | 政治 | Comments(0)

こんにちは☆
『税制改正大網』
これまでも様々な議論がされてきました。
平井卓也国会議員も『税制改正』を政策と1つとし活動を続けています。

⚫『税制改正』の基本的な考え方
わが国が直面する最重要課題はデフレ脱却及び日本経済再生との認識の下、安部政権は
「大胆な金融政策」
「機動的な財政政策」
「民間投資を喚起する成長戦略」
を『三本の矢』として一体として強力に推進してきました。
現状の経済情勢については「三本の矢」の効果もあり着実に上向いている一方で、景気回復の実感は中小企業や地域経済には未だ十分浸透していないと指摘されています。
「地方、地域の元気なくして国の元気はない」
という考えの下、魅力あふれる地域を創ることができるよう、地方分権を推進し、その基盤となる地方税の確保に努める。
その際、地方の独自税源を充実させるとの視点も重要である。
とあります。
これは「基本的考え方」の一部ですが
「地方、地域の元気なくして国の元気はない」
その通りだと思いました。
一見、景気がよくなっている様にも見えますが現実はまだまだ厳しいです(>_<)

平井卓也衆議院議員にはこれから先もこの問題に取り組み、頑張ってもらいたいと思います(*^^*)

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-18 22:36 | 政治 | Comments(0)

こんにちは☆
衆議院議員平井卓也さんの推進する政策の1つ。
『わが国のサイバーセキュリティ体制の強化に向けての提言』
それに向けての
⚫情報セキュリティ政策会議
での事を調べてみました。

現在、わが国のサイバーセキュリティを含む情報セキュリティ政策の重要事項は、内閣官房長官を議長とする情報セキュリティ政策会議で決定され、その事務局を内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)が担当している。
これらは平成17年度に設定され、以降、情報セキュリティ関連の知見を蓄積してきたが法的な位置付けを持たない。
各府省の情報セキュリティ対策は各々において推進することが基本であるため、NISCの知見を各府省において積極的に活用したり、各府省を横断する横串的機能の発揮は十分とは言えない。
このため、基本法において、現在IT総合戦略本部の下に設置され、司令塔として中核的な役割を担っている情報セキュリティ政策会議について、その機能、権限を明確化することが必要である。
具体的には、情報セキュリティ政策会議は、IT総合戦略本部との連携の下、基本的な戦略の策定、各府省における情報セキュリティ対策に関する統一的な基準の作成、当該基準はの準拠に関する監査、情報セキュリティ投資に関する経費見積もり方針等の策定及び重大インシデントが発生した場合の秘密の保持や関係機関たの連携、調査に配意した原因究明等を担うこと等とする必要がある。
なお、これらの機能を有効に発揮させるためには、関係行政機関の長は必要な資料を政策会議に提出しなければならないのと等とするとともに、議長は必要がある場合には関係行政機関の長に対し、勧告等を行えるようにすることなど、司令塔機能の強化を図ることが必要である。

とあります。
重大なインシデントが発生した場合、迅速、かつ的確に行動をおこさなければなりません。
平井卓也国会議員をはじめとする、関係者の皆様はわが国を守る為対策を練り、未然に防ぐなどの活動を続けています。

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-13 20:14 | 政治 | Comments(0)

こんにちは☆
衆議院議員平井卓也さんの推進する政策の1つ
「サイバーセキュリティ体制の強化」
サイバーセキュリティは国家安全保障、経済成長、国民生活の安心、安全にとって極めて重要でかかせないものとなっています。

基本的な施策としていくつかありますが、そのうちの1つを調べてみました(*^^*)

⚫サイバーセキュリティに関するインシデントのうちわが国の安全に重大な影響を及ぼすおそれがあるものへの対応について、関係機関における体制の充実強化のために必要な施策等を推進する。

インシデントとは?
英語で「出来事」「事変」などを意味します。
特に情報セキュリティの分野では、コンピューターやネットワークのセキュリティを脅かす事象の意味で用いられています。
情報セキュリティでは、主に、情報セキュリティが脅かされた重大事故につながるおそれがあった事例をインシデントと言います。

もし、インシデントが起こってしまったらどうしたらいいのでしょう?
例えばNTTでは「サイバーセキュリティインシデント対応支援サービス」を行っています。
また、JPCERT/CCの活動として
⚫インシデント予防
⚫インシデントの予測と捕捉
⚫発生してインシデントへの対応
などを行っています。
他にも様々なインシデントに対応した情報がネット内にあります。

インシデントが発生した時にどうしたらいいのか?事前準備は何ができるのか?
再発防止のための行動。
などきちんとした知識と情報をもつ事が大切だと平井卓也国会議員も企業や個人に発信し、サイバーセキュリティ体制の強化に努めています。

[PR]
by blog001-3029 | 2017-11-11 11:18 | 政治 | Comments(0)