今日は衆議院議員河井克行議員の日米同盟に関する働きを紹介します。

安倍政権では内閣総理大臣補佐官を務め、ドナルド・トランプが2016年アメリカ合衆国大統領選挙で勝利し、次期大統領に決まると、安倍晋三総理の特命で米国に派遣され、日米安保やTPP(環太平洋パートナーシップ)などの交渉を行った。河井は記者会見で「安倍総理大臣と次期アメリカ大統領との間で個人的な信頼関係を構築することが最も重要であり、それに向けて一歩でも前進できれば幸いだ」と述べた。
d0358517_18580146.jpg
さらに、ワシントンで、河井と会談した政権移行チームのニューネス下院議員は「首相とトランプ氏の会談に非常に興奮している。非常に深い会談になるはず」と述べ、それに対して河井は「日米同盟の重要性について、しっかりと意見交換をした」「今回の会談を個人的な信頼関係を作り上げる一歩にしたい」と述べている

また中国新聞のインタビューに対し、派遣の目的を「米国が日本にとって重要な同盟国である」ことと「日米同盟が太平洋地域にとって重要であること」をトランプ陣営に伝えることだったと述べ、トランプが他国の首脳からの要請を断って安倍だけを面談の相手に選んだと述べている。河井は「トランプ氏とその周辺は日米同盟の重要性を認識している」とも述べている。

2017年1月4日トランプ次期アメリカ大統領の政権移行チーム幹部であるコリンズ下院議員とワシントンで会談。その後、記者会見で就任後早期に日米首脳会談を実施することで合意したと伝えた。コリンズはトランプに直接伝えるとも述べた。

さらに、12月9日~13日の会談ではコーカー上院議員と会談し「中国による南シナ海への人工島軍議拠点化」を阻止するため「航行の自由作戦だけでは不十分」という考えを示し、「南シナ海情勢の悪化は米国の国家安全保障そのものにも甚大な危機をもたらす」という考えを示した。

2017年1月には、慰安婦問題に関する日韓合意に関して、米国に説明するために安倍首相の特使としてワシントンに派遣された。河井からの説明に対し、NSCのクリテンプリンク・アジア上級部長は「安倍晋三首相の有機、ビジョン、強い指導力を心から歓迎する」と評した

河井議員は間違いなく安倍政権の屋台骨を支える人物の一人でしょう。
今後も自民党河井克行議員の働きに期待します。

こんな記事もあります★

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-30 22:57 | 政治 | Comments(0)

地域経済の活性化

『地域経済の活性化』
日本が再生する為には、地方の活性化が重要視されています。
平井卓也国会議員が政策の1つとしている
『税制改正大網』の基本となっている
『地域活性化』どんな税制なのか調べてみました。

⚫地域経済の活性化
日本経済の真の再生には、地域経済の活性化を図る必要がある。
このため、「民間投資活性化のための税制改正大網」では、地域経済を支える中小企業を支援する観点から、中小企業投資促進税制を拡大することなどを決定した。
これに加え、今般、税制面で中心市街地の活性化やコンパクトシティの形成を支援する。
とあります。

⚫中心市街地活性化基本計画の区域
☆自動二輪車駐車場の整備促進
☆民間再開発事業の推進
☆街なか居住の推進
☆中心市街地への買換促進
☆土地の有効利用の促進
☆土地区画整理事業の特例の拡充

などがあげられます。
国の認定を受けた中心市街地は様々な計画を実行する際、税制面での補助が受けられます。
地域の活性化は日本の活性化にも繋がります。
衆議院議員平井卓也さんには、これからもどんどん活動し、地域、日本の活性化に力を入れて頑張ってもらいたいです!!

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-30 05:02 | 政治 | Comments(0)

『一部世論』に対して

衆議院議員・義家弘介議員が自身のブログで教育に関する記事を紹介していました。

10月29日の『神奈川新聞』に、地元・厚木の平井広教育長の寄稿記事が掲載された。
現場を熟知した的確な指摘であり、意図さえ感じる『一部世論』に対してのきちっとした言及に、誇らしさを覚えた。
以下、引用したい。

【神奈川新聞12面・教育Today 学びのフォーラム<52>】より引用

こんな話を聞いた。小学6年生をリーダーに集団登校の際、低学年の子がひざを擦りむいた。けがの程度を見た6年生は泣く子なだめながら登校させたが、いじめではないかと学校に苦情が寄せられたというのだ。ニュースで「殴る・蹴るなどのいじめ」という表現を聞いたことがある。殴る・蹴るなどは完全に犯罪だ。程度によっては傷害罪に問われることもある。文部科学省ではいじめを「一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けた事により、精神的な苦痛を感じているもの」と定義しているが、「いじめ」が曖昧に広く使われていることで、事の本質を見失っている恐れがあることを心配している。教育委員会などが「いじめと認定していれば違った対応がとれたかもしれない」などと発言しているのを報道などで聞くと、いじめの定義にとらわれすぎていたのではないかと思えてしまう。
全教職員に直接会える学校訪問を始めて、今年で2年目になる。学校により話す内容は異なるが、いじめに関しては必ず触れるようにしていることがある。一つは、いじめはよそごとではない。自分の学校、学級の事としてとらえ、担任任せにすることなく、日々変化する子どもの人間関係に意を用いながら、学校として組織的に取り組むように訴えている。
二つ目に、お釈迦様の「毒矢の喩え」を例に出しながら、いじめの定義にとらわれすぎないように注意する。いじめかどうかの認定に多くの時間を割くより、眼前の苦しんでいる子どもを救う手立てを考え実行することこそが、学校の責務であるからだ。
三つ目に、いじめ件数の多少で学校を評価したことはただの一度もない。いじめがあると評価が悪くなるため、学校などは隠蔽体質になっているという見解がある。だが、国などからそのような評価や指導を受けた事はないし、学校をそのように評価したこともない。たとえ一件でもいじめなどの問題解決にいかに誠実に素早く対応したかが学校は問われており、するとしたらそこを評価しなければならない。
いま大切なことは、学校が家庭や地域住民の協力のもと子どもの活動を核に、いじめは許さない、卑怯な行為を決して許さないという校内の雰囲気作りに一層取り組むことである。

まさに正論である。
『いじめ』かどうかの『認定』に多くの時間を割くよりも、目の前の苦しんでいる生徒を救う手だて考え実行することこそが、学校の責務。
多くの皆さんが共有する切なる思いだろう。

大津のいじめ事件も、いじめがあったのか、なかったのか、学校はそれを知っていたのか、いないのか、という話を延々と繰り返してきた。尊い命が失われて一年が経過しているにも関わらず、だ。さらに、事件が表面化してからは、いじめなのか、犯罪なのか、という議論も加わっているが、一年前、全校生にアンケートを取り、正義感を持って勇気ある回答をしてくれた生徒の思いは完全に取り残されてしまっているではないか。悲しすぎる実態だ。

教育関係者の一部は、申し合わせたように、「いじめ隠ぺいの原因は『教員評価』にある。学校や、自身の教員としての評価を気にして、いじめがあっても、なかったことにしてしまう」などと喧宣しているが、平井教育長は教育委員会事務局の責任者として、『いじめの認知件数で学校を評価したことなど一度もない』『国などから、そのような評価や指導を受けたこともないし、学校をそのように評価したこともない』と言及している。
逆に、隠ぺいした学校や教師こそが、最低、最悪の評価になる、くらいのことは、まともな人なら誰だってわかるだろう。
いじめを早期発見、対応、解決して、自身の評価が下がった、という人がいるならぜひお会いしてみたい。

①『日の丸・君が代反対闘争』
②『学力テスト反対闘争』
③『勤務評価反対闘争』
上記三つは、日教組の三大闘争と呼ばれているものだが、教育界の住人の一部は、社会問題化しているいじめ事件さえも、自分達の闘争に利用しているとしか思えない。

隠ぺいの本質は、教育界の無責任体制にこそある。
互いに責任を押し付け合える戦後教育構造こそが、隠ぺいを助長しているのだ。

自民党・教育再生実行本部において、具体的打開策を提示していきたい。
子供達のために、必死に頑張っている先生、関係者を応援するために。
何よりも、子供達のために。

これは『いじめ』に向き合い取り組む義家議員を賛辞した記事だと思います。
これからも自民党・義家弘介議員の活躍に期待します。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-29 23:31 | 政治 | Comments(0)

こんにちは☆
今日は下村博文衆議院議員の推進する
『グローバル人材教育』について調べてみました(*^^*)

『スーパーグローバルハイスクールの創設』

下村博文国会議員が文部科学大臣として所属する文部科学省では、高等学校等において、グローバル、リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身につけ、もって、将来、国際的に活躍できる、グローバル、リーダーの育成を図る「スーパーグローバルハイスクール」事業を平成26年度から開始しています。

「スーパーグローバル大学創成支援事業」

⚫我が国の高等教育の国際競争力の向上を目的に、海外の卓越した大学との連携や大学改革により徹底した国際化を進める、世界レベルの教育研究を行うトップ大学や国際化を牽引するグローバル大学に対し、制度革命と組み合わせ重点支援を目的とし、スーパーグローバル大学創成支援プログラム委員会を設け、この事業に関する審査、評価を実施しています。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-29 22:47 | 政治 | Comments(0)

今日は衆議院議員平井たくや議員を紹介します。

IT活用やサイバーセキュリティ
2015年1月9日に全面施行された、
”「サイバーセキュリティ基本法」制定の中心人物”とされている。

法案の制定の目的については、「一番大きなのは、日本の「次の時代」のチャンスを
消したくないという思い」と述べ、「ITは変化のスピードが早いので、
これまで法律面が全く追いついていなかった。

ただ、グローバル情勢を鑑みた時、今このタイミングで何とかしないと、
日本は将来大きなリスクを抱え込んでしまうことになる。

それでIT基本法(高度情報通信ネットワーク社会形成基本法、
2000年11月に制定、2001年1月に施行)を補完する形で、
サイバーセキュリティ基本法を議員立法として手がけた」としている。


さらに、インタビュー記事において高齢化対策としてITを活用が必要だとして、
「労働人口が減るハンデをITの利活用でどう克服するかが一点です。

もう一点は、サイバーセキュリティが産業化する過程で、
コンプライアンスとしての保険業務が成立しないといけないということです。

最近起きたベネッセコーポレーションの個人情報漏洩問題のように、
変化する時代に対応するリスクの軽減策が、ビジネスチャンスにつながる」と述べている。

自民党議員平井たくや議員の活動に注目したい。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-26 23:25 | 政治 | Comments(0)

防衛政策について

今日は自民党衆議院議員の河井克行議員について紹介します
d0358517_18580146.jpg
防衛政策
北朝鮮や中国の弾道ミサイルの脅威への抑止力のためのミサイル防衛(MD)に関する日米協力強化を目的とする超党派議連「日米同盟コーカス」に所属している。2015年10月には長島昭久・松野頼久とともに訪米し、米下院軍事委員会戦略軍小委員会のメンバーと共同で作業部会を立ち上げた。

「ハドソン研究所」における講演では、北朝鮮について「経済的に北朝鮮を支えているのは中国だ」とし、北朝鮮に自制を求めるため中国が影響力を行使する必要があると述べた。また韓国大統領選挙について「韓国の次の政権が日米韓3か国の連携の重要性を十分理解することを期待している」と述べ、情勢を注視していくとしている

さらに、河井は核やミサイルの開発を加速させる北朝鮮に対し「圧力を強める時だ」と指摘したうえで自衛隊による中距離弾道ミサイルなどの保有を検討すべきだという考えをしめした。河井は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射や6回目の核実験について「全く容認できない」と非難し、「今は対話でなく、圧力を強める時だ」と述べた。そして「われわれは日本を取り巻く安全保障環境がこれまでとは決定的に異なる次元に移った現実を直視しなければならない」と指摘した

中国による南シナ海進出に関しては、2016年12月11日にワシントンンにおけるコーカー上院議員との会談で”中国による南シナ海の人工島の軍事拠点化を止めるためには米軍の航行の自由作戦だけでは不十分”で「それだけでは今の軍事化を止めることができない」と述べた。さらにコーカー議員に対して「南シナ海情勢の悪化は、米国の国家安全保障そのものにも甚大な危機をもたらす」と伝えている

自由民主党総裁外交特別補佐という要職につき活躍されている河井克行議員の活躍に注目したい。

こんな記事もあります★

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-24 16:14 | 政治 | Comments(0)

こんにちは☆
今日は国会議員平井卓也さんについて書いていきたいと思います!

深いかかわりのある『サイバーセキュリティ』。
それについてはブログでも紹介させてもらっています。

今日は、『レジリエントセキュリティ』について紹介します★

IoT(Internet of Things)の台頭やモバイルデバイスの多様化、
クラウドの普及――企業を取り巻くIT環境は急激に変化している。

スピーディにビジネスが動くのと同時に増大しているのが、
サイバー空間におけるセキュリティのリスクだ。

もちろん、各社セキュリティ対策は講じているだろうが、
どれだけ強固に守りを固めたとしても、
日々進化しているサイバー攻撃を完全に防ぐことは不可能に近い。

このような現状で、企業はサイバー攻撃に対してどのような対策を講じるべきなのか。

衆議院議員平井卓也さんの今後の活躍にさらに期待していきたいと思います!

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-23 01:34 | 政治 | Comments(0)

『教育再生の方向性』

こんにちは☆
今日は『教育再生』に力を注いでいる下村博文衆議院議員が文部科学大臣として考える『教育再生の方向性』について調べてみました(*^^*)

⚫幼児教育から高等教育まで俯瞰した取組みと、ポイントを、押さえた効率的、効果的な取組の展開
➡現在38項目を精査、整理、着手。

『新しい時代に必要となる資質、能力の育成』

①「何を知っているか、何ができるか」
各教科に関する個別の知識や技能など。
身体的能力や芸術表現のための技能等も含む。
②「知っていること、できることをどう使うか」
主体的、協働的に問題を発見し解決するために必要な思考力、判断力、表現力等。
③「どのように社会、世界と関わり、よりよい人生を送るか」
①や②の力が働く方向性を決定付ける情意や態度等に関わるもの。

自分にできる事をきちんと知り、延ばす努力。
そう言った事が今の子供たちには求められているのかもしれません。
私が子供の頃はもっとのんびりしていた様な気もしますが、時代の流れなんでしょうね(>_<)
下村博文国会議員には、子供たちがよりよい環境で学び、社会に出た際、最大限自分の能力を発揮できる様、これからも『教育再生』に力を注いでいます。もらいたいと思います(^^ゞ

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-22 14:07 | 政治 | Comments(0)

心とからだの健康寿命を

こんばんわ★
今日は衆議院議員平井卓也さんについて書いていきたいと思います!

今日は知ってる人いるかな??ボディバンク!!

香川県丸亀町商店街にてスタートしたものです☆

ボディバンクとは、丸亀町商店街振興組合が国の地方創生加速化交付金を活用して開設したもので、その名の通り自分の健康情報を預けて管理する予防医療のための拠点です。ボディバンクでは、“心とからだの健康寿命を10年のばそう”というスローガンのもと、次のようなサービスを行っています。

●健康状態を測る
●測定したデータを預けて管理する
●コミュニティを広げるための講座を開講

衆議院議員平井卓也さんが取り組んでいる政策の一つです!!

こうゆう事はどんどん他の場所でも実施していったら良いですね(^^♪

また新しい衆議院議員平井卓也さんの政策に期待ですね!!

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-19 23:31 | 政治 | Comments(0)

自民党総裁外交特別補佐として衆議院議員・河井克行議員が北朝鮮の核・ミサイル開発に対し日本がすべき検討を述べられたので紹介します。
d0358517_18580146.jpg
『北朝鮮が水爆実験とする6回目の核実験に続き、国連安全保障理事会決議の直後に再び日本上空を通過する弾道ミサイルを発射するという向こう見ずな行動を続けていることは受け入れられない。現在の朝鮮半島情勢は極めて深刻であり、われわれはより強い危機感を持つ必要がある。

個人的に、自衛隊による中距離弾道ミサイルや巡航ミサイルの保有を真剣に検討するときがきていると考えている。北朝鮮危機への対処で最も重要なのは、日本が自らの防衛力を強化し、同盟国の米国や友好国との協力を通じて抑止力を高めていくことだからだ。

その意味で、米空軍のB1戦略爆撃機と航空自衛隊の戦闘機による共同訓練を引き続き実施し、日米とオーストラリア、インドによる海上での共同作戦も実施する必要がある。

北朝鮮危機は中国問題に他ならない。専門家の間には、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を目指す中国の習近平国家主席が地域における影響力を高めるために北朝鮮を手駒として使おうとして核保有国になることを望んでいるとの見方もある。

中国は北朝鮮の核・ミサイル開発凍結の見返りに日本や韓国に駐留する米軍のプレゼンス低下や米国による同盟国との合同演習の中止を望んでいるとされるが、非現実的な取引であり容認できない。日本の安全を守るためには北朝鮮による核・ミサイル開発計画の完全な放棄が必要だ。』

日本が防衛力を高め他国との連携を強化してこそ圧力も現実的になり、今のままでは圧力もミサイル一発で吹き飛ばされてしまします。
河井議員はこうも語っています。
『安倍晋三政権が北朝鮮への圧力を強化すべきだと考えていることや、トランプ米政権の「全ての選択肢がテーブルの上にある」とする方針を評価していることを伝えた。北朝鮮の核・ミサイル開発に対する米側の危機感はより強まったと感じた。』

北に対する圧力には他国との連携は欠かせません。自民党・河井克行議員の外交力に期待します。
こんな記事もあります★
https://matome.naver.jp/odai/2150793260283783101

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-17 23:34 | 政治 | Comments(0)