介護施設の整備

今日は参議院議員石井準一 さんの政策について書いていきたいと思います!

●介護について

特別養護老人ホームなどの介護施設の整備を進めるとともに、
在宅介護を介護保険で賄う現行制度を維持します。

また、介護人材の育成と介護施設の事業者の自立性が発揮できるよう、
環境の整備を行います。


これからの日本は高齢化社会になっていきます。
介護についての問題は迅速な対応が必要になっていくことになります。


高齢化社会とは?

総人口に占めるおおむね65歳以上の老年人口(高齢者)が増大した社会のこと。
65歳以上の高齢者人口(老年人口)が総人口に占める割合を高齢化率(こうれいかりつ)という。


国会議員石井準一さんの活動に今後も期待したいと思います!


[PR]
by blog001-3029 | 2018-08-31 13:32 | 政治 | Comments(0)

IoT時代がやってくる

平井卓也衆議院議員のサイバーセキュリティ基本法制定の狙いについて紹介します。

いまスマート家電やウェアラブル端末、M2Mの普及など、あらゆるものがネットワークに接続されるIoT時代がやってくると予想されている。一方で、こうした新しいテクノロジーにまつわるサイバーセキュリティには課題も数多く残されている。政府・与党は、セキュリティ問題も含め、今後のIT戦略をどのように考えているのか。2015年1月9日に全面施行された「サイバーセキュリティ基本法」制定の中心人物で、自由民主党 IT戦略特命委員の委員長をつとめる、衆院議員の平井卓也氏が、日本の情報戦略やサイバーセキュリティ政策について語った。

平井氏は、ITの利活用という観点から政策を進めてきた数少ない政治家の一人だ。IT関連は票に結びつきにくいとされており、多くの議員が関心を持たない状態が続きてきた。しかし同氏は、一貫してITに関わり、「この15年間で、いよいよ本気でITに取り組むべき時期がきたと痛感している」と力説する。

政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センター主催のシンポジウム「サイバー時代の情報戦略と政官民連携~米国の経験をふまえて~」で登壇した平井氏は「まさに現在は第3次産業革命の真ん中にある。ちょうど折り返し地点に達したというのが我々の感覚だ。これから世界は加速し、産業の大きなチェンジもあるだろう。また社会も大きく変わっていくはずだ」とITの重要性を説明する。

今後も自民党平井卓也議員の活躍に期待したいと思います。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-08-29 19:28 | 政治 | Comments(0)

領土政策の立て直し

今日は参議院議員石井準一さんの政策について書いていきたいと思います。

●戦略的な外交戦略

領土政策の立て直しの為、国家としての取組みを強化する一環として、
領土担当大臣のもとに平成25年2月に設置した「領土・主権対策企画調整室」を通じて、
領土・主権に関する我が国の内外発信を一層強化していきます。

領土・主権対策企画調整室とは?

領土問題に関する日本の立場や主張について内外に効果的に発信していくことを目的とする機関。
2013年2月に、内閣官房に設置することが正式に発表された。

領土・主権対策企画調整室では、竹島、尖閣諸島、北方領土を主な対象としている。
島の現状を調査し、従来は外務省や内閣などが別個に行なってきた広報活動を総合・調整して、
世論の啓発や国際社会に向けての発信を進めていくという。

今後も石井準一国会議員には期待していきたいと思います!

[PR]
by blog001-3029 | 2018-08-27 16:41 | 政治 | Comments(0)

日本社会再生の為

各要職を歴任した下村博文衆議院議員の実績を紹介します。

東京オリンピック・パラリンピック担当大臣
2020年を日本にとっての新たな成長に向かうターゲット・イヤーとし、『2020ニッポン再生 夢ビジョンJapan』と題して単なる経済効果にとどまらない日本社会再生の為の゛大きなうねり゛とするために様々な取組を断行。

文部科学大臣 兼 教育再生担当大臣に就任。
2012年、第二次安倍内閣において文部科学大臣 兼 教育再生担当大臣として初入閣。内閣制度創設以来、初代文部大臣(森有礼)から数えて140代目。その歴史の中で初めて教育再生担当大臣を兼務する大臣となった。
下村文科大臣主導の元、文部科学行政施策(44項目)を掲げ、教育改革に着手。

様々な法案可決へ尽力
・平成24年「死因究明法案」成立:諸外国に比べて日本は解剖率が低く、薬毒死についても十分な対応が取れていなかったが、下村代議士が会長(異常死死因究明制度の確立を目指す議員連盟)として4年間取り組んできた「死因究明推進法案」が可決し成立。
・平成25年には、「子どもの貧困対策推進法」および「いじめ防止対策推進法」を成立。文部科学大臣として積極的に推進し、与野党の取りまとめに尽力して大きく貢献した。

内閣官房副長官
第一次安倍内閣において内閣官房副長官に就任。2007年G8サミットにも同行するなど安倍総理の右腕として活躍。また、幼保一元化を推進するための制度改革に着手するなど様々な行政改革に携わる。

地元板橋
・「大和町交差点公害対策」、「環状8号線若木トンネルの大気汚染対策」に着手。
・大谷口地区の木造建築密集地域を視察。板橋区内の防災対策にも積極的に対策を講じる。
・板橋区内UR賃貸住宅にお住まいの方々に、あらゆるご要望を伺い国交省・UR都市機構と高騰する家賃の問題を解決すべく、住人と積極的に懇談会を行い状況打開へ尽力する。

今後も自民党下村博文議員の活躍に期待したいと思います。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-08-27 16:04 | 政治 | Comments(0)

「山・鉾・屋台行事」

平成27年3月の下村博文衆議院議員が文部科学大臣時の記者会見を紹介します。

冒頭、3件発言があります。
まず1点目、本日の閣議におきまして、4日に取りまとめられました教育再生実行会議の『「学び続ける」社会、全員参加型社会、地方創生を実現する教育の在り方(第六次提言)』について報告いたしました。
今回の提言は、社会に出た後も、多様な全ての人が、都市でも地方でも、学び、輝き続ける社会を実現するための方策を取りまとめたものであり、教育以外の幅広い分野にも関わるものであることから、その実現のため、関係閣僚にも御協力をお願いいたしました。
総理からは、この提言は、安倍政権の最重要課題である「女性の活躍支援」や「地方創生」に資するものであり、私を中心として、関係閣僚の協力の下、実行に向けた取組を着手するよう指示がありました。
今の子供たちが社会に出るときには職業の在り方が様変わりしていることが予想される中で、本提言の目指す生涯学習社会を実現することは極めて重要であり、具体的な方策としては、中教審での審議や文科省と厚労省との検討の場の設置など、着実に取り組んでまいりたいと考えております。
それから2点目でありますが、川崎市における中学1年生殺人事件への対応の強化についてであります。
2月20日に神奈川県川崎市で上村遼太(うえむら りょうた)さんが殺害された事件に関し、文科省では、丹羽副大臣を主査とするタスクフォースを設置し、事案の検証や安全確認調査の実施等の対応を進めているところであります。総理からの指示に基づき、本日、この対応の強化を図ることといたしました。
まず、タスクフォースについてでありますが、文科省では、関係省庁との連携を図るため、タスクフォースにこれまで警察庁、厚生労働省にオブザーバーとして参加いただいているところであります。これについて、政府全体としての取組を強化するため、警察庁、厚生労働省を正式メンバーとして追加するとともに、新たに内閣府、法務省も正式メンバーとして加えることといたしました。これを機に、政府全体で一層迅速かつ強力に本件への対応に当たってまいります。
さらに、川崎市との連携を強め、再発防止策を早急にまとめていくため、本日、タスクフォースの主査である丹羽文部科学副大臣を川崎市に派遣することといたしました。
川崎市においては、検証のための会議を立ち上げたと聞いておりますが、今回の訪問においては、丹羽副大臣が市長、教育長に直接面会の上、一つには、正確な事実の解明に早急に努めるとともに、二つ目に、外部有識者も交えるなどして、学校や教育委員会をはじめ全市的な対応に問題がなかったかどうかを検証すること、3番目に、再発防止策の検討に当たっては、警察や児童相談所等の関係機関と連携して行うことなどを要請する予定であります。
併せて、本件の対応を進める上での川崎市の要望も聞かせていただくなどして、引き続き、川崎市への助言や域内の学校への支援等に努めてまいります。
最後でありますが、「山・鉾(ほこ)・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産登録(代表一覧表記載)に向けた再提案についてであります。
昨日、無形文化遺産保護条約関係省庁連絡会議におきまして、ユネスコ無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」を提案することを決定いたしました。
「山・鉾・屋台行事」につきましては、昨年、我が国より提案を行ったところでありますが、ユネスコの審査件数を上回る提案が各国よりあり、登録件数が多い我が国の審査は1年先送りされたことから、今年、再提案を行うものであります。
我が国を代表する祭礼行事である「山・鉾・屋台行事」の提案は、我が国の文化遺産の豊かさを国際社会に示し、国際的な認知の向上に寄与するとともに、地域創生にもつながることから、登録に向けて最善を尽くしてまいりたいと考えております。
私の方からは以上です。

今後も自民党下村博文衆議院議員の活躍に期待したいと思います。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-08-26 14:25 | 政治 | Comments(0)

教育問題に明るい下村博文衆議院議員の活動・政策の一部を紹介します。

留学生支援
2007年 安倍首相(当時)の初訪米時、当時から懸念されていた米国における日本のプレゼンスの確保、増大、日米関係を支えるアメリカ側の人材育成という重要課題に取り組むために、官房副長官として官民学一体の会合をブレアハウスで開き、アメリカでの日本語教育、留学生支援を後押しした。文部科学大臣のときには、留学促進キャンペーンである「トビタテ!留学JAPAN」の一環として、制作発表時のAKB48の『トビタテ!留学JAPANスペシャルユニット』、GGJ採択大学など47大学の学生、文部科学省職員と共に踊る映像を1曲に編集したミュージックビデオ『トビタテ!フォーチュンクッキー 留学JAPANバージョン』がYouTube上に公開された。

学習障害
家族がディスレクシア(識字障害)というLDの一種だった経験から、発達障害を含めた特別支援教育が必要な人たちに対し、重点項目の大臣枠として予算計上した。特別支援教育に対する高等学校等による発達障害のキャリア教育の充実を目指している。

教育問題は時代が変わるにつれ常に変革が求められます。
今後も自民党下村博文の活躍に期待したいと思います。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-08-23 13:38 | 政治 | Comments(0)

地域ファンドの整備

今日は参議院議員石井準一さんについて書いていきたいと思います!

●伝統文化、住民の声を反映させたビジネスの活性化について

地方行政と中小企業の連携強化、税制上の優遇措置や地域ファンドの整備など、行政サービスの隙間的な産業や地域に根付いている伝統文化、
住民の声を反映させたビジネスの活性化を促します。

・地域ファンドとは?


自治体や地銀などが出資して作る投資を目的とした組織のこと。
投資企業がファンドを運営して、成長が見込める企業の株式を買う形などで投資する。

投資した企業が上場すれば、ファンドは株式を売却して収益を上げ、
出資元の自治体などに分配する。
投資が失敗した場合、出資者は出資額以上の責任は負わないが、
ファンド運営者は分配金や成功報酬などが得られないほか、
派遣者の人件費や投資先への損害賠償などの責任も負う。


国会議員石井準一さんには色々な分野で活躍していってもらいたいですね★

[PR]
by blog001-3029 | 2018-08-23 09:59 | 政治 | Comments(0)

人材不足への対策

今日は、世耕弘成参議院議員が活動する
「中小企業による人材不足への対策、中小企業の取引改善」
について調べてみました(*^^*)

「女性、高齢者、大企業ミドル人材、外国人等の外部人材の活躍支援」

⚫人材不足の中小企業において、女性、高齢者、大企業ミドル人材、外国人等の人材活躍の可能性が高まるよう、中小企業へ専門家を派遣して人材活用に関して助言を行いマッチングを支援する。

⚫知見、人手の不足で悩む地域のスタートアップ企業に対して、外部の人材派遣企業等を通じ、ビジネスの第一線で活躍する大企業等の現役社員を派遣。

「取引改善に向けたフォローアップと下請Gメンによるヒアリングの実施」

⚫親事業者の生産拠点の閉鎖の影響を受ける中小企業者が、新分野での事業展開を行う費用を補助。
各都道府県の中小企業新興機関に設置された下請かけこみ寺において、下請事業者の相談に応じるとともに、親事業者との価格交渉に必要なノウハウを普及。

世耕弘成国会議員が大臣を務める経済産業省は下請Gメンによるヒアリングを年間2000件以上行っています。
その他にも
⚫中小企業、小規模事業者人材対策事業
⚫地域創業活性化支援事業
⚫中小企業取引対策事業
などを行っています。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-08-18 14:47 | 政治 | Comments(0)

不起訴処分との判断

市民団体から政治資金問題で告発されていましたが、東京地検特捜部で不起訴処分との判断がなされ、下村博文衆議院議員がFacebookで報告をしていたので紹介します。

昨年に市民団体から政治資金規正法違反により告発がなされた件につきましては、今般、司法当局より不起訴処分との判断がなされました。当初より捜査に対して真摯に協力して参りましたが、今般の不起訴処分により、加計学園から不適切な献金を受け取っていないことをはじめとして身の潔白が証明できたものと考えております。今後は、皆様にご心配をお掛けすることがないよう、一層襟を正していく所存です。
また、これまで市民団体から告発がなされ司法当局の捜査下に入ってしまったため、私の方からの詳細な説明ができず、多くの方々にご心配をおかけしました。
にもかかわらず、地元有権者の方々や私を支援くださる皆様方が、これまで冷静に私を正しく判断していただいていたことは、心より感謝致します。
不起訴になったとは言え、この事によって私が被ったマイナスイメージは大きいものがありますが、今後はそれを上まわる政治活動に専心して参ります。
これまでも歴史上人類の危機や国家の危機は何度も言われ続けてきましたが、異常気象や枯渇する資源問題、国際社会における紛争、また国内における少子高齢化問題等考えると、本当に将来が危ぶまれます。
この危機を克服していくために、私は国会議員として、国家的な使命感に立って国難に対処して参ります。
そのために、一人ひとりが夢や希望を持って、志を立てて生きてくことができる日本社会を創ることだと考えています。一人ひとりが前向きに切り拓く社会を創っていかなければ未来はありません。
障害者でも高齢者でも貧困の人達でも、誰でもがチャンスと可能性があって、生き生きと暮らし、居場所がある明るい社会と、活力のある社会を創ることが、これからさらに求められる政治の役割であると考えます。
今後さらに、これまでの経験を糧として、努力精進して参ります。引き続きのご支援ご教授の程、よろしくお願い致します。ありがとうございます。
平成30年8月15日
衆議院議員 下村博文

自身も言っていますが、嫌疑が晴れたとはいえマイナスイメージがついたことは間違いありません。
国民の目も一層厳しくなると思いますが、今後の働き次第で払拭することは可能なので、今後の自民党下村博文議員の活躍に期待したいと思います。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-08-17 11:39 | 政治 | Comments(0)

今日は、『地域中核企業の発掘と支援』について調べてみました(*^^*)

「地域経済を牽引する「地域未来牽引企業」2000社の公表」

⚫「地域未来牽引企業」約2000社を公表予定(RESAS等の活用)
⚫地域経済分析システム(RESAS)の更新や自治体等の要望を踏まえた改良を実施
➡経済産業省デジタルプラットフォーム構築事業

「地域未来投資促進法を活用した支援」

⚫地域外の需要を獲得する先端ものづくり分野や地域商社、地域外の顧客を呼び込む観光産業等において、地域の特性を活かした事業化戦略の立案や販路開拓をハンズオン支援するとともに、地域中核企業、中小企業が連携して行う研究開発や市場取得等を補助。
➡地域中核企業、中小企業等連携支援事業

世耕弘成参議院議員は、中小企業等による地域未来投資の加速化を進める為、これらの活動を行っています。

「RESASとは??」

地域経済分析システム(RESAS)は、地方創生の様々な取り組みを情報面から支援するために、経済産業省と内閣官房(町、人、仕事創生本部事務局)が提供しています。
自治体職員の方や、地域の活性化に関心を持つ様々な分野の方によって、効果的な施策の立案、実行、検証のためなど広く利用されています。

世耕弘成国会議員のこれからの活躍に期待したいと思います♪

[PR]
by blog001-3029 | 2018-08-16 22:18 | 政治 | Comments(0)