不起訴処分との判断

市民団体から政治資金問題で告発されていましたが、東京地検特捜部で不起訴処分との判断がなされ、下村博文衆議院議員がFacebookで報告をしていたので紹介します。

昨年に市民団体から政治資金規正法違反により告発がなされた件につきましては、今般、司法当局より不起訴処分との判断がなされました。当初より捜査に対して真摯に協力して参りましたが、今般の不起訴処分により、加計学園から不適切な献金を受け取っていないことをはじめとして身の潔白が証明できたものと考えております。今後は、皆様にご心配をお掛けすることがないよう、一層襟を正していく所存です。
また、これまで市民団体から告発がなされ司法当局の捜査下に入ってしまったため、私の方からの詳細な説明ができず、多くの方々にご心配をおかけしました。
にもかかわらず、地元有権者の方々や私を支援くださる皆様方が、これまで冷静に私を正しく判断していただいていたことは、心より感謝致します。
不起訴になったとは言え、この事によって私が被ったマイナスイメージは大きいものがありますが、今後はそれを上まわる政治活動に専心して参ります。
これまでも歴史上人類の危機や国家の危機は何度も言われ続けてきましたが、異常気象や枯渇する資源問題、国際社会における紛争、また国内における少子高齢化問題等考えると、本当に将来が危ぶまれます。
この危機を克服していくために、私は国会議員として、国家的な使命感に立って国難に対処して参ります。
そのために、一人ひとりが夢や希望を持って、志を立てて生きてくことができる日本社会を創ることだと考えています。一人ひとりが前向きに切り拓く社会を創っていかなければ未来はありません。
障害者でも高齢者でも貧困の人達でも、誰でもがチャンスと可能性があって、生き生きと暮らし、居場所がある明るい社会と、活力のある社会を創ることが、これからさらに求められる政治の役割であると考えます。
今後さらに、これまでの経験を糧として、努力精進して参ります。引き続きのご支援ご教授の程、よろしくお願い致します。ありがとうございます。
平成30年8月15日
衆議院議員 下村博文

自身も言っていますが、嫌疑が晴れたとはいえマイナスイメージがついたことは間違いありません。
国民の目も一層厳しくなると思いますが、今後の働き次第で払拭することは可能なので、今後の自民党下村博文議員の活躍に期待したいと思います。

[PR]
# by blog001-3029 | 2018-08-17 11:39 | 政治 | Comments(0)

今日は、『地域中核企業の発掘と支援』について調べてみました(*^^*)

「地域経済を牽引する「地域未来牽引企業」2000社の公表」

⚫「地域未来牽引企業」約2000社を公表予定(RESAS等の活用)
⚫地域経済分析システム(RESAS)の更新や自治体等の要望を踏まえた改良を実施
➡経済産業省デジタルプラットフォーム構築事業

「地域未来投資促進法を活用した支援」

⚫地域外の需要を獲得する先端ものづくり分野や地域商社、地域外の顧客を呼び込む観光産業等において、地域の特性を活かした事業化戦略の立案や販路開拓をハンズオン支援するとともに、地域中核企業、中小企業が連携して行う研究開発や市場取得等を補助。
➡地域中核企業、中小企業等連携支援事業

世耕弘成参議院議員は、中小企業等による地域未来投資の加速化を進める為、これらの活動を行っています。

「RESASとは??」

地域経済分析システム(RESAS)は、地方創生の様々な取り組みを情報面から支援するために、経済産業省と内閣官房(町、人、仕事創生本部事務局)が提供しています。
自治体職員の方や、地域の活性化に関心を持つ様々な分野の方によって、効果的な施策の立案、実行、検証のためなど広く利用されています。

世耕弘成国会議員のこれからの活躍に期待したいと思います♪

[PR]
# by blog001-3029 | 2018-08-16 22:18 | 政治 | Comments(0)

迅速な復旧、復興支援

今日は、「国民生活や産業を支える産業基盤の構築」について調べてみました(*^^*)

『危機対応に向けた官民体制の強化』

「災害時の対応力強化(流通業界との連携、エネルギーインフラの強靭化)、迅速な復旧、復興支援」

⚫地震、液状化などによる被害に備え、安全停止対策や耐震、液状化対策などの製油所の強靭化に向けた投資や住民拠点SSを整備するための自家発電機の導入や地下タンクの大型化への補助を実施。

「都道府県との協力によるライフライン応急復旧訓練の実施」

⚫都道府県、市町村と流通、物流業との協力体制を構築し、石油や電力、自衛隊の実働訓練と連携して流通、物流も含めたモデル訓練を実施。

「エネルギー、物資支援に係る情報共有システムの構築」

⚫既存の防災情報(道路交通情報、気象情報)及び所管企業等の被災情報等を一元的に集約し、共有するシステムを構築。
併せて、情報共有のためのルール、枠組みを策定。

などがあります。
経済産業大臣を務める世耕弘成参議院議員は、この他にも、
⚫石油コンビナートの生産性向上及び強靭化推進事業
⚫災害時に備えた地域におけるエネルギー供給拠点の整備事業
などを行っています。

世耕弘成国会議員は「強い産業基盤の構築」を確実なものにする為、日々活動しています。
これからも頑張ってください!

[PR]
# by blog001-3029 | 2018-08-15 13:01 | 政治 | Comments(0)

「留学生三十万人計画」

下村博文衆議院議員の初当選から文部科学大臣に初入閣するまでの来歴を紹介します。

1996年、第41回衆議院議員総選挙に自民党から出馬し、初当選。以降7期連続当選。

当選後は清和政策研究会へ入会。同年、自民党青年局長安倍晋三の下で同次長。2000年、第42回衆議院議員総選挙に自民党から出馬し、再選。自民党「明日を創る会」のメンバー。2002年、衆議院議事進行係に就任。自民党の文部科学部会副部会長。2003年、法務大臣政務官に就任。2005年、文部科学大臣政務官に就任。未来を見据えた教育のあり方、法整備に関する官民学の勉強会を立ち上げる。その後、自民党副幹事長に就任。皇室典範改正に対しては、慎重な姿勢を見せている。2014年1月28日の定例記者会見で、「いわゆる“自虐史観に基づいた歴史教科書”について、学習指導要領解説の改定を行った」とを表明した。同年9月26日、安倍内閣の内閣官房副長官に就任。幼保一元化を推進するための制度改革に着手。福田康夫内閣では「留学生三十万人計画」の委員会委員長。

2009年の第45回衆議院議員選挙に自民党から出馬し、新党日本新人の有田芳生を約3500票差の僅差で破り、5選。2010年9月に発足した自民党シャドウ・キャビネットでは、「影の文部科学大臣」を務めた。2012年、安倍自民党総裁のもと、教育再生実行本部が設立され教育再生実行本部長就任。同年12月発足の第2次安倍内閣に文部科学大臣兼教育再生担当大臣として初入閣。

今後も自民党下村博文議員の活躍に期待したいと思います

[PR]
# by blog001-3029 | 2018-08-14 23:42 | 政治 | Comments(0)

義家弘介衆議院議員が所属する「清和政策研究会」の夏季研修会の様子を報告していたので紹介します。

昨日は軽井沢で、所属する「清和政策研究会」の夏季研修会でした。
伊那工業株式会社(株)の塚越寛会長、小西美術工藝社のデービット・アトキンソン社長から大変、有意義なご講話を頂きました。
3時間を超える講話・質疑でしたが、あっという間に感じた有意な時を過ごしました。
国政を預かる私たちは、独善的にならず、近視眼的にもならず、絶えず時代と対話しながら、学び、成長し続けなければなりません。
今後も怠ることなく、仲間たちと切磋琢磨しながら、その姿勢を貫いてまいります。
多くの先輩・同僚はそのまま宿泊しましたが、私は懇親会終了後、午後9時過ぎの新幹線に乗り、一路、地元へ。自宅に着いたのは深夜0時近くになってしまいましたが、この3年8ヵ月、雨の日も、風の日も、雪の日も、一度も休んだことのない毎週月曜日(月曜日が祭日の場合、火曜日)朝6時から行っている地元・本厚木駅での早朝駅頭挨拶を休むわけにはいきません。
根性で朝5時に起床し、冷たい水で顔を洗って眠気を一掃してから、厚木市の難波議長・田口市議会議員と共に7時35分まで、早朝より責任へと向かわれる皆様お一人おひとりに御挨拶させて頂きました。
また新たな1週間のスタートです。
猛暑の夏に負けない「情熱」を携えながら、今週も丁寧に、地に足がついた活動を重ねます。

今後も自民党義家弘介議員の活躍に期待したいと思います。

[PR]
# by blog001-3029 | 2018-08-12 10:24 | 政治 | Comments(0)