タグ:自民党 ( 50 ) タグの人気記事

「ママスタセレクト」

「9歳の時に父親を事故で亡くし、母子家庭で育ちました。母は朝、畑と田んぼの仕事をして、昼間パートに行き、帰ってきたら、また畑と田んぼの仕事をするという毎日。私はいつも母の働く姿しか見たことがなかった」。そう語るのは、元文部科学大臣と、教育再生大臣を兼任した下村博文先生。懸命に働く母親の姿は、当時どう見えていたのでしょうか。

昼夜を問わず働き続けていた母の姿
私は、幼いころから母子家庭で育ちました。父は、私が9歳の時に事故で亡くなりました。当時、母は32歳。弟が2人いて、一人は5歳、もう一人はまだ1歳でした。父が亡くなったことで、母の実家に戻り、昼間はおばあちゃんに面倒をみてもらいました。

「ママスタセレクト」

ママ向けコミュニティ「ママスタセレクト」に下村博文衆議院議員の記事がアップロードされました。第6回となる今回の記事は、今後の教育制度についてです。2020年に行われる教育改革で小学校の教育が大きく変化します。なぜ今教育が変わらなくてはならないのか、そしてどのように変わるべきなのか、下村代議士が語りました。

母は朝、畑と田んぼの仕事をして、昼間パートに行き、帰ってきたら、また畑と田んぼの仕事をするという感じで、私はいつも母の働く姿しか見たことがなかったのです。本当に朝から晩まで生活することでいっぱいで、働いて働いて働き続けていました。一生懸命に働いて子どもたちを食わしていかなければいけない。そのことで頭がいっぱいだったと思います。日本人はとても勤勉だけど、母はその典型的な人でした。

勉強をがんばって、母にほめられたい
父が亡くなり、母も家にいない。当時は、寂しかったです。すごく寂しかった。

そして、家の中でも外でも、毎日のように働く母親の姿を見ているわけです。「お母さんは一生懸命がんばっているんだな」ということも子どもながらに感じていました。母は、毎日仕事をして余裕がなかったから、子どもの成績をみている余裕もありませんでした。なので、成績について母から注意されることはなかったです。当時は「勉強をがんばることで、いつかお母さんにほめてもらいたい」。そんな気持ちがありましたね。

母子家庭だから経済的に余裕がなく、欲しい物が言いづらかった
私は本を読んでみたいと思っていたんですけど、家には本が1冊もありませんでした。うちは母子家庭で、お金の余裕もなくて、本が欲しいと言いだせなかったのです。ある日、風邪をひいて学校を休んだことがありました。その時に普段は厳しい母が「何か欲しいものある?」と私に聞いてきたのです。私は家にお金がないのが分かっていたので「何もいらない」と母に伝えました。でも、やっぱり本が欲しい気持ちが止められず、一言そう伝えました。

苦労しているのは、自分だけじゃないということを本から知った
その時に母が買ってきてくれたのが、10名ほどの話が書かれている偉人伝でした。今でいうエジソンとかリンカーンなどの偉人伝で、本がボロボロになるくらい、何回も、何回も読んだことを記憶しています。初めて母が自分にくれたプレゼントだったこともあり、とても嬉しかったです。母としては、私が風邪をひいて寝込んでいるから、りんごなどの果物を欲しがると思っていたことでしょう。でも病気の状況でさえ「本が欲しい」といったから、ちょっと無理してでも本を買ってきてくれたのだと思います。

本を読んでからは「自分以外にも子どもの頃から苦労している人は世の中にいっぱいいる」ということを知り、とても励まされたことを覚えています。以来、小学校の図書館に行っては偉人伝を読みました。それをキッカケに本がすごく好きになったことを覚えています。週末は学校の図書館から本を借りられるだけ借りてきて、本を読みふける毎日。小学校を卒業するときには、小さな学校の図書館の3分の2の本を読み終わっていました。

母としては、子どもに本を読ませて読書好きにしようと思ったわけではありません。しかし、結果としてこの体験が刺激になり、私は読書が大好きになりました。

本への「没頭体験」が今の自分を育ててくれた
もともと本が好きだったのかといわれれば、そういうわけではなかったかもしれません。ただ「本を読んでみたい」という気持ちはどこかにあったのでしょうね。さきほどもお話したように、うちは母子家庭だったから、本を買って家で読むことは経済的に余裕がないと思っていたのです。今思えば、本を読むことで母のいない寂しさを紛らわそうとしていたのかもしれません。しかし読書に没頭した体験はとてもいい思い出です。

もし、これを読んでいるお母さんで「自分が働くことで子どもに寂しい思いをさせているんじゃないか」という方がいたら、お母さんの働いている姿を子どもに見せてあげるといいかもしれませんね。子どもは一生懸命働く親の姿を、誇りに思うのです。そして子ども心に「お母さんが頑張っているから、自分も頑張ろう」と思うのです。

このような過去を持つ下村議員だからこそ取り組める教育改革だと思います。
これからも自民党下村博文議員の活躍に期待したいと思います。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-05-29 00:39 | 政治 | Comments(0)

CIの概念を提唱

データを介したさまざまなつながりにより新たな付加価値の創出や社会課題の解決を目指す「Connected Industries(コネクテッド・インダストリーズ、CI)」。2017年3月に世耕弘成経済産業相(参議院議員)がドイツ情報通信見本市(CeBIT)で提唱してから1年が経過した。産業界への浸透など今後の戦略を聞いた。

-世耕大臣がCIの概念を提唱してからちょうど1年が経過しました。産業界への浸透や意義の広がりを踏まえ、改めてその狙いを教えてください。
「CIは、データを介して、従来つながっていなかった機械や技術、人などさまざまなものが、組織や国境を越えてつながることにより新たな付加価値の創出や社会課題の解決を目指す産業のあり方です。昨年3月にドイツで開催されたCeBITで発信し、5月から3回の懇談会で官民で取り組むべき方向を整理しました。10月のCEATECで『CI東京イニシアティブ2017』を発表し、今はかなり浸透してきた手応えがあります」

「重点的に政策資源を投入すべき分野は『自動走行・モビリティサービス』、『ものづくり・ロボティクス』、『バイオ・素材』、『プラント・インフラ保安』、『スマートライフ』の5つ。それぞれに分科会を開き、現在、データの協調領域の拡大に向けた検討を加速化させています」

「自動走行分野では、国土交通省と連携し、企業間の戦略的な協調を推進するなど省庁間の枠を超えた取り組みも動き出しています。安全性評価に必要なシナリオデータの作成や自動走行に必要となる人材の育成・確保などで議論が進んでいます。また、ものづくり・ロボティクスの分科会では、カギとなるデータ共用が大きなテーマ。ファナック、三菱電機、DMG森精機などが提案しているデータプラットフォーム間の協調領域のデータ共用を進めるため、データ構成の標準化や流通の仕組みについて検討しています」

「さらに、重点5分野以外にもCIの取り組みは、中小企業の生産性向上や製造業の品質保証体制の強化にもつながります。まだまだ意義の広がりを見せていくでしょう。そしてCIの本質は新たな時代の変革をリードすべく、日本の企業文化を変えることにあると考えています。日本の課題は国内の過当競争で消耗してしまい、グローバル競争で勝てないこと。協調領域と競争領域を整理することで、日本の産業界を新たに生まれ変わらせていきたいと思っています」

今後も自民党世耕弘成大臣の活躍を期待します。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-04-06 11:49 | 政治 | Comments(0)

防衛政策について

今日は自民党衆議院議員の河井克行議員について紹介します
d0358517_18580146.jpg
防衛政策
北朝鮮や中国の弾道ミサイルの脅威への抑止力のためのミサイル防衛(MD)に関する日米協力強化を目的とする超党派議連「日米同盟コーカス」に所属している。2015年10月には長島昭久・松野頼久とともに訪米し、米下院軍事委員会戦略軍小委員会のメンバーと共同で作業部会を立ち上げた。

「ハドソン研究所」における講演では、北朝鮮について「経済的に北朝鮮を支えているのは中国だ」とし、北朝鮮に自制を求めるため中国が影響力を行使する必要があると述べた。また韓国大統領選挙について「韓国の次の政権が日米韓3か国の連携の重要性を十分理解することを期待している」と述べ、情勢を注視していくとしている

さらに、河井は核やミサイルの開発を加速させる北朝鮮に対し「圧力を強める時だ」と指摘したうえで自衛隊による中距離弾道ミサイルなどの保有を検討すべきだという考えをしめした。河井は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射や6回目の核実験について「全く容認できない」と非難し、「今は対話でなく、圧力を強める時だ」と述べた。そして「われわれは日本を取り巻く安全保障環境がこれまでとは決定的に異なる次元に移った現実を直視しなければならない」と指摘した

中国による南シナ海進出に関しては、2016年12月11日にワシントンンにおけるコーカー上院議員との会談で”中国による南シナ海の人工島の軍事拠点化を止めるためには米軍の航行の自由作戦だけでは不十分”で「それだけでは今の軍事化を止めることができない」と述べた。さらにコーカー議員に対して「南シナ海情勢の悪化は、米国の国家安全保障そのものにも甚大な危機をもたらす」と伝えている

自由民主党総裁外交特別補佐という要職につき活躍されている河井克行議員の活躍に注目したい。

こんな記事もあります★

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-24 16:14 | 政治 | Comments(0)

こんにちは☆
今日は国会議員平井卓也さんについて書いていきたいと思います!

深いかかわりのある『サイバーセキュリティ』。
それについてはブログでも紹介させてもらっています。

今日は、『レジリエントセキュリティ』について紹介します★

IoT(Internet of Things)の台頭やモバイルデバイスの多様化、
クラウドの普及――企業を取り巻くIT環境は急激に変化している。

スピーディにビジネスが動くのと同時に増大しているのが、
サイバー空間におけるセキュリティのリスクだ。

もちろん、各社セキュリティ対策は講じているだろうが、
どれだけ強固に守りを固めたとしても、
日々進化しているサイバー攻撃を完全に防ぐことは不可能に近い。

このような現状で、企業はサイバー攻撃に対してどのような対策を講じるべきなのか。

衆議院議員平井卓也さんの今後の活躍にさらに期待していきたいと思います!

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-23 01:34 | 政治 | Comments(0)

自民党総裁外交特別補佐として衆議院議員・河井克行議員が北朝鮮の核・ミサイル開発に対し日本がすべき検討を述べられたので紹介します。
d0358517_18580146.jpg
『北朝鮮が水爆実験とする6回目の核実験に続き、国連安全保障理事会決議の直後に再び日本上空を通過する弾道ミサイルを発射するという向こう見ずな行動を続けていることは受け入れられない。現在の朝鮮半島情勢は極めて深刻であり、われわれはより強い危機感を持つ必要がある。

個人的に、自衛隊による中距離弾道ミサイルや巡航ミサイルの保有を真剣に検討するときがきていると考えている。北朝鮮危機への対処で最も重要なのは、日本が自らの防衛力を強化し、同盟国の米国や友好国との協力を通じて抑止力を高めていくことだからだ。

その意味で、米空軍のB1戦略爆撃機と航空自衛隊の戦闘機による共同訓練を引き続き実施し、日米とオーストラリア、インドによる海上での共同作戦も実施する必要がある。

北朝鮮危機は中国問題に他ならない。専門家の間には、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を目指す中国の習近平国家主席が地域における影響力を高めるために北朝鮮を手駒として使おうとして核保有国になることを望んでいるとの見方もある。

中国は北朝鮮の核・ミサイル開発凍結の見返りに日本や韓国に駐留する米軍のプレゼンス低下や米国による同盟国との合同演習の中止を望んでいるとされるが、非現実的な取引であり容認できない。日本の安全を守るためには北朝鮮による核・ミサイル開発計画の完全な放棄が必要だ。』

日本が防衛力を高め他国との連携を強化してこそ圧力も現実的になり、今のままでは圧力もミサイル一発で吹き飛ばされてしまします。
河井議員はこうも語っています。
『安倍晋三政権が北朝鮮への圧力を強化すべきだと考えていることや、トランプ米政権の「全ての選択肢がテーブルの上にある」とする方針を評価していることを伝えた。北朝鮮の核・ミサイル開発に対する米側の危機感はより強まったと感じた。』

北に対する圧力には他国との連携は欠かせません。自民党・河井克行議員の外交力に期待します。
こんな記事もあります★
https://matome.naver.jp/odai/2150793260283783101

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-17 23:34 | 政治 | Comments(0)

こんばんわ★
今日は衆議院議員大西英男さんについて書いていきたいと思います!

【外交・安全保障】について

・集団的自衛権の行使の容認に賛成。
 集団的自衛権の行使を認める安倍内閣の閣議決定を大いに評価する。
 集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法案の成立を評価する。

・日本の核武装は、今後の国際情勢によって検討すべき。

・日本の防衛力はもっと強化すべき。

・他国からの攻撃が予想される場合には先制攻撃もためらうべきではない、
 という考えに、どちらかと言えば賛成。

・北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべき。

・普天間飛行場の移設先は名護市辺野古とすべき。

・野田内閣が尖閣諸島を国有化したことを評価する。

このように考えています★

国会議員大西英男さんに関しても今後も期待していきたいと思います!(^^)!

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-13 01:35 | 政治 | Comments(0)

日米同盟の意見交換

今日は衆議院議員河井克行議員の日米同盟に関する働きを紹介します。

安倍政権では内閣総理大臣補佐官を務め、ドナルド・トランプが2016年アメリカ合衆国大統領選挙で勝利し、次期大統領に決まると、安倍晋三総理の特命で米国に派遣され、日米安保やTPP(環太平洋パートナーシップ)などの交渉を行った。河井は記者会見で「安倍総理大臣と次期アメリカ大統領との間で個人的な信頼関係を構築することが最も重要であり、それに向けて一歩でも前進できれば幸いだ」と述べた。

さらに、ワシントンで、河井と会談した政権移行チームのニューネス下院議員は「首相とトランプ氏の会談に非常に興奮している。非常に深い会談になるはず」と述べ、それに対して河井は「日米同盟の重要性について、しっかりと意見交換をした」「今回の会談を個人的な信頼関係を作り上げる一歩にしたい」と述べている

また中国新聞のインタビューに対し、派遣の目的を「米国が日本にとって重要な同盟国である」ことと「日米同盟が太平洋地域にとって重要であること」をトランプ陣営に伝えることだったと述べ、トランプが他国の首脳からの要請を断って安倍だけを面談の相手に選んだと述べている。河井は「トランプ氏とその周辺は日米同盟の重要性を認識している」とも述べている。

2017年1月4日トランプ次期アメリカ大統領の政権移行チーム幹部であるコリンズ下院議員とワシントンで会談。その後、記者会見で就任後早期に日米首脳会談を実施することで合意したと伝えた。コリンズはトランプに直接伝えるとも述べた。

さらに、12月9日~13日の会談ではコーカー上院議員と会談し「中国による南シナ海への人工島軍議拠点化」を阻止するため「航行の自由作戦だけでは不十分」という考えを示し、「南シナ海情勢の悪化は米国の国家安全保障そのものにも甚大な危機をもたらす」という考えを示した。

2017年1月には、慰安婦問題に関する日韓合意に関して、米国に説明するために安倍首相の特使としてワシントンに派遣された。河井からの説明に対し、NSCのクリテンプリンク・アジア上級部長は「安倍晋三首相の有機、ビジョン、強い指導力を心から歓迎する」と評した

河井議員は間違いなく安倍政権の屋台骨を支える人物の一人でしょう。
今後も自民党河井克行議員の働きに期待します。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-08 19:06 | 政治 | Comments(0)

今日は下村博文衆議院議員が社会課題解決に向けて行っている活動をご紹介したいと思います(^^ゞ

⚫新たなフロンティアを創造
フロンティアとは??
もともと「国境」という意味の言葉ですが、アメリカでは「辺境」という意味で使われることが多く、意味が転じて日本では「未開拓の分野、最先端の分野」という意味で使われることが多いです。
土地に限らず、未開拓よ分野なども、比喩的に「フロンティア」となります。

⚫幸福を実感できる社会
下村博文国会議員の考える幸福とは…。
「人を幸せにする努力をするから、結果的に自分が幸せになる。」
「自分が、自分が」と言っていては結果的に幸せになれない。「人の為、社会の為に何が出来るかという思いでいることが幸せに繋がる」

⚫若者等によるボランティアがつくる参加型社会
ボランティア活動の理念の普及や、より国民的な参加をすすめるため、全国的なボランティア活動推進機関や、青少年団体、ボランティアの活動先である社会福祉施設などの連合組織や市民活動団体、学校教育や社会教育団体、経済団体、マスコミ関係団体などによって、「広がれボランティアの輪」連絡会議が構成されています。

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-06 23:18 | 政治 | Comments(0)

文化芸術あふれる社会

こんにちは☆
今日は下村博文衆議院議員が政策の1つに掲げている『2020年目指すべき姿』の項目から
『世界の人々が日本各地を行き交う、文化芸術あふれる社会』
とはどんな社会なのか、調べてみました(*^^*)

⚫文化芸術を取り巻く緒情勢の変化を踏まえた対応
地域の特色に応じた優れた取り組みを展開することで交流人口の増加や移住につなげるなど、地域の活性化を図る新しい動きを支援し、文化芸術を起爆剤とする地方創生の実現を図るとともにわ2020年に向け、文化芸術を目的に訪日する外国人を大幅に増加させることが必要。

⚫2020年東京オリンピック、パラリンピック競技大会
2020年東京大会の開催効果を東京のみならず広く全国に波及されるため、文化プログラム等の機会を活用して、全国の自治体や芸術家等との連携の下、地域の文化を体験してもらうための取組を全国各地で実施することにしています。

⚫東日本大震災
2020年東京大会観戦を目的とした訪日外国人が、力強く復興している東北地方を訪問し、地域の文化芸術の魅力と一体となった復興の姿を体験してもらう機会を提供するなど、復興支援を進めます。

下村博文国会議員の言う『2020年目指すべき姿』の中には、東京オリンピック、パラリンピックの為だけではなく、東北地方の復興や、地方創生など東京以外の地域の活性化もしっかり考えてくれてる様です。
2020年、東京オリンピック、パラリンピックが楽しみですね(^з^)-☆

[PR]
by blog001-3029 | 2018-01-04 23:49 | 政治 | Comments(0)

こんにちわ★
今日は衆議院議員河井克行さんについて書いていきたいと思います!
d0358517_23544911.jpg



















【欧州での外交】

英国で親中派として知られるオズボーン財務相が就任すると、
特使として派遣され、対中傾斜への懸念を示した。

会談後の記者との会見で「日英関係の戦略的な重要性で一致した」
と述べました。

さらに東アジアの安全保障状況について、
南シナ海への中国の進出を念頭に「法の支配の徹底」にむけた連携強化を
したいとしています。

2016年7月24日~30日まで英国・ドイツ・フランス・イタリアを訪問。
イタリアではイタリア政府のほかに、
バチカン市国のカミレリ財務次官と会談。

河井氏は法王フランシスコの早期来日を要請し、
カミレリは「来年の訪日を真剣に検討したい」と応じています。

国会議員河井克行さんには来年も引き続き頑張ってもらいたいです★

[PR]
by blog001-3029 | 2017-12-31 18:32 | 政治 | Comments(0)